全鯉協入会方法

(入会手続き)

 全鯉協西日本ブロック会則の第1条(目的)及び第4条(事業)に賛同でき、原則2名以上の会員を要する入会希望団体は、会員名簿を添えて役員会に加盟を申請し、役員会の承認を経て
 納入金として 入会金(5000円)と
        年会費(5000円+2000円×加盟希望会員数)
 を会計担当に納入して認められることになります。

入会を検討されている方はお問合せフォームからご連絡をお願いいたします。

お気軽にご連絡下さい。

詳しくは協会長または事務局からご連絡いたします。

 

以下に会員名簿(例)を記します。 

 

役 職 氏 名 住 所 電話番号 携帯番号
会 長 西日本 巨鯉 XXX 滋賀県XXXXXXX 1234567890 1234567890
副会長 関西 鯉太郎 XXX 京都府XXXXXXX 2345678901 2345678901
会 計 琵琶湖 大鯰 XXX 大阪府XXXXXXX 3456789012 3456789012
事務局 三方 新之助 XXX 三重県XXXXXXX 4567890123 4567890123

余呉湖 花子

XXX

福井県XXXXXXX 5678901234  5678901234 

 

 

(参照:全鯉協会則(西日本ブロック)の抜粋)

 【第1条】目的:  全国鯉釣り協会(以下「本協会」と言う)は、日本全国での鯉釣り(青魚・草魚・連魚・黒連を含む)愛好家で構成する団体及び個人の親睦と交流を図り、鯉釣りの健全なる発展と育成に貢献し、釣り場の美化、環境保全に努める。

【第4条】事業: 本協会は、会則第1条の目的を達成するために次の事業を行うもとする。
   ①全国鯉釣り大会(オープン)の開催
    検量は大会執行部で行い、順位は審査委員会にて最終決定する。
   ②全国鯉釣協会グラウンドチャンピオン(略称:全鯉協GC)の表彰・記録の保持
    ※年間大物賞部門・ポイント制部門は更にコイ・青魚・連魚・草魚の4部に分かれ黒連は特別賞扱いとなる。
   (ポイント制部門は2003年度を以て廃止されました。2004年度からは西日本ブロックでは年間大物賞部門のみとなります)
    ※現在、東日本では地元自慢部門が加わり、2部門となっている。
   ③全国での鯉釣りに関する情報の提供
    各地で行われる大会、催し物の案内。大物などマスコミへの紹介
   ④親睦会の開催
   ⑤会報・会員名簿の発行
    会報・会員名簿は年1回発行し、各団体の釣果、本協会の活動内容を掲載し、会員に配布する。
   ⑥計測方法の統一/全鯉協競技規定、登録方法参照
   ⑦釣りマナーの向上
   ⑧釣り場の環境保全の推進


【第6条】協会加盟
   ①加盟は団体(2名以上)単位とし、原則として、個人の加盟は認めない。
   ②加盟は随時認める
   ③加盟にあたっては、所定の申込書を協会会長に入会金・年会費を添え提出する。又、協会の役員会議での承認を必要とする場合もある。

【第8条】会計
   ①本協会運営の諸費用は、加盟団体の入会金・年会費・寄付金その他の収入によって運営される。
   ②会計年度は1月1日〜12月31日とする。
   ③加盟団体は1団体につき、以下の会費を前年度の12月31日までに事務局に会員名簿を添えて納付する事とする。
     ●入会金・・・5,000円
       ●年会費・・・5,000円+2,000円×加盟会員数
   ④新規加盟団体の場合、年会費は一律、年度単位とする。
   ⑤加盟団体及び協会会員の年度途中の脱会のおいては、既に払い込まれた会費は返却されないものとする。